雑感プロダクション
アイマスやスポーツ、アニメなど色々なものの感想を吐き出していきます。
201602<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201604
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイドルマスター2 情熱のうた/カラーボトル 作:散髪屋P
ニコマス最高峰の熱さを誇る作品をご紹介します。



5分19秒の動画の中に凄まじい熱量が込められています。
燃えるアイマスとはよく言ったものです。

私がこの作品に、アイドルマスターというコンテンツの中にある熱さが詰まっていると思います。
動画の構成はいわゆるストーリーPVです。
カラーボトルの「情熱のうた」という曲に合わせて物語が進んでいきます。

この「情熱のうた」という曲単体でも十分に熱い曲なんです。
それとアイマスの熱さを全面に出した散髪屋Pの構成による相乗効果でこの作品の凄まじい熱量は生み出されています。

挫折からの特訓、成長。ライバルとの対決。
テンプレとかありきたりだとか言われるかもしれません。
しかしこれがシンプルで一番強力な熱さなんだと実感できます。

歌の1番、2番でもそれぞれ熱くてボロボロ泣いてしまうのに、2番終わりからラスサビまでの流れ、
そしてラスサビ。

熱さが自分のキャパシティを超えます。泣きます。

そんでいい顔してるんですよみんな…

この動画のまた熱いところはアイドルマスター2の設定をうまく生かして構成している、というとこなんです。
ユニット制、竜宮小町、ジュピター…色々騒動があったアイドルマスター2ですが、この設定がなかったら作られなかった動画でしょう。

そしてラスト1分半、いつの間にか雄叫びをあげている自分に気づくことでしょう。

アイドルたちの情熱のうたをぜひ聞いてみてください。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。