雑感プロダクション
アイマスやスポーツ、アニメなど色々なものの感想を吐き出していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私色ギフト 凸レーションwith城ヶ崎美嘉
私色ギフト
作詞 朝倉路 作曲・編曲 渡部チェル

この曲はアニメアイドルマスターシンデレラガールズの17話のED曲です。
17話は話の内容も素晴らしくて、さらにEDでこの曲が流れて笑顔で泣いていました。
そうです!(?)この曲は笑顔で泣ける曲なのです!

まずイントロ。
私はイントロ部分で凸レーションの三人と美嘉姉が夕暮れ時手をつなぎながら歩いてるようなイメージが浮かんできます。
そういうMV見たい。
歩いているような、スキップしているような明るいリズムがいいですよね。

1番のAメロを歌うのは城ヶ崎姉妹です。17話でアイドルとしての方向性で悩んでいた二人を表すような歌詞ですね。
Bメロはきらりとみりあ。Aメロで悩んでいましたが、Bメロではもう前を向いています。
そしてサビです。サビはとにかく前を向いているパッションらしい歌詞だと思います。聞いているだけで元気が出る歌声と歌詞とメロディー。遠回りと言われたって私は成長中というところにパッションの強さを感じます。
1番の時点で相当涙腺に来ているのですが、私はこの曲の本領は2番にあると思っています。
余談ですが、1番が終わった後の伴奏の転調?するところが好きです。音楽知識皆無ですみません。

その2番。Aメロの頭から涙腺に一撃をお見舞いしてきます。きらりが、スパイスにならないアドバイスはいらない、と歌うんです。グッときます。
Aメロのみりあパートの歌詞は色々なところを見ても共感されている方がいらっしゃいましたね。
このきらりとみりあが明るいメロディに乗せて鋭い歌詞を歌うAメロで一気に心を持っていかれました。
そしてBメロに私の一番好きな歌詞があります。
あちこち寄り道 クレープを食べたりたまに弱音吐いたり
「帰りに寄り道してクレープを食べるくらいの気軽さで弱音を吐いていいよ」というメッセージに感じました。
まさに17話でみりあに抱きしめられた美嘉の心情です。じんわり温かく涙が出ちゃう。
サビの前半のフレーズも心に来ます。
どれくらいの覚悟があれば努力は実を結ぶの?と歌う彼女達は努力だけではだめだということをわかって歌っているんです。
それがわかっているからこそのこの疑問なんです。答えのない問いだと私は思いますが、だからこそ不安や期待を抱いて進んでいくんですね。
2番もサビは前を向いて歩いています。

Cメロは「早く私を見つけて」そんな閉じこもって泣いてる子に対して喝を入れます。そんなんじゃ誰も見つけてくれないよ!飛び出せ!と力強いメッセージです。
そしてラスサビのきらりソロの入り。いくら涙腺が丈夫な人でもここでポロッと来た人は多かったんではないでしょうか?
きらりの優しい歌い方に涙が出ます。きらりの秘めている宝箱の蓋が開いた姿がハピハピしたきらりなんだなって。きらりは自分を信じているんだなって。
そして最後。サビは一貫して力強いです。でもそれは絶対的な強さではなく、怖くても震える足を踏み出せる強さです。
1番と2番では『私らしさ』を自分の中で育てていって最後にみんなに『私らしさ』を見せる。まさにアイドルですね。

この曲は何だかあったかいんです。パッションのオレンジをイメージするからなのかもしれませんが、じんわり涙がこぼれるというか。
この曲はもちろん17話の中の凸レーションと美嘉のことを歌った歌であります。
でも私は、卯月へのメッセージソングでもあるのかなと思っています。
これは完全に個人的な見解で、自分が卯月Pであるからだとも思うのですが。
アニメ後半の楽曲はどれも卯月への応援ソングにも聞こえてくるのです。

最後に。
私は渡部チェルさんのシンデレラ楽曲がとても好きです。
この私色ギフト。それともう一曲。
もう一曲のこともいつか書きたいなと思っています。特に思い入れが強いので書くことがまとまらないかもしれませんが。
では長々と読んでいただいてありがとうございました。
THE PIPE DREAM  不気味遺産さん(サークル名:てぇしむず)
しほししというジャンルがあるのをご存知ですか?
かくいう私もこの御本に出会って初めて知りました。

これはアイマス同人誌の感想です。
ネタバレになってしまうような表現がありますのでご注意ください。長いです。

この本のメインの登場人物は3人。

北沢志保。アイドルマスターミリオンライブに登場するアイドルです。
アイドルマスターの映画にも出演して重要な役どころでしたね。
ちょっときつい言い方をしちゃったりするんですが、誰よりも真剣にアイドルに向きあっている子なんです。
ゲームでは大分とげが取れてきましたね。小学生メイド
この本の主人公です。

矢吹可奈。こちらもアイドルマスターミリオンライブに登場するアイドルです。
歌の大好きな女の子で即興の歌をよく作って歌っています。
ちょっと音痴だったのですが、トレーニングによって克服してきています。
一見志保と対照的な女の子といってもいいかもしれません。娘にしたい。
この本の百合的な意味でないヒロインポジションです。

そしてシシ丸です。
この本の中では志保のお母様が忍者ハットリ君に出てくる獅子丸に似せて作った人形です。
ちくわが大好き。
しかしただの人形ではなく、ある日突然志保の前で動き出す、というところから物語が始まります。
シシ丸のイメージ図です。


なぜシシ丸が志保の前に現れたのか。シシ丸はどういう存在なのか。
それがこの物語を読んで一番考えるのが楽しいところだと思います。
そのなぜはこの物語の中では明かされません。
シシ丸が来たことによって起きた結果(事実)としては、志保が可奈に素直に向き合えるようになったことです。
本の中でシシ丸は志保に君はどこにだって行けるということを伝えています。
シシ丸が現れた理由としては、志保を今いる場所から外に連れ出したかったから、志保の心を開きたかったみたいなところでしょうか。

ではシシ丸は何なのか?
志保の内なる心とか、可奈の思いが実体化したものだとか考えたりしてたんですが、やっぱり一番個人的にしっくりくるのは志保のお父さんですよね。
お父さんも好きだった忍者ハットリ君のキャラクター。演劇の世界、絵本の世界が好きなところも重なります。
シシ丸が志保のお父さんだという視点で読むともうボロボロ泣きます。ただでさえ、不気味遺産さんの絵柄は涙腺を刺激するというのに。

でも志保を外の世界に連れ出したかったのはシシ丸だけじゃないんですよね。
可奈ちゃんもそうだったんだと思います。
可奈ちゃんが台本を読んで練習しているときのセリフがシシ丸の最後のセリフと似ています。
可奈「君はここに居ちゃダメだ!」
シシ丸「キミはこんなところに居ちゃダメだ」
可奈は志保に向かって言ったわけではないですが、志保の前で言っています。
このセリフは似ているんですが少し違う。そこに、シシ丸と可奈の二人が志保を外に連れ出そうとしている、心を開いてほしい思っていると感じました。
可奈はこのお話の中でひたすら健気です。読んでいたらいとおしくていとおしくて仕方なくなります。

シシ丸の心情、可奈の健気さと共に私がボロボロ泣いたのは志保がオーディションに落ちて泣くシーンです。
頑張っているのに報われない辛さ。現実でも結構ありますよね。
アイマスの世界でも描かれることが多いです。こういうのにガッツリ感情移入して泣いてしまいます。

長々と感情を吐き出せて今はすっきりした気分です。メロンブックスの店頭にはまだ並んでいるとのことなので興味を持った方は是非。

最後に。
私はこの本の作者である不気味遺産さんの絵でめちゃくちゃ好きな絵があります。
亜美と真美の絵で765Pにはぜひ見てほしい絵です。
ここまで読んでいただいてありがとうございました。
果たして何人の人がここまで読んでくださるのか…もしかしてゼロかもと思っております。
明日は明日中に家に替えれたら更新します。
アイドルマスターその1
なぜその1にしたかというと書くことが多いかつどんどん増えていくコンテンツなのでいずれその2以降を書くことになると思ったからです。
それもブログを続けていたらの話ですが…。
私には二つ絶対的に好きなものがあってそれがアイマスと阪神タイガースなのでこれについてはいくらでも話せると思います。

ひとまずアイマスについてです。
アイマスの曲だったり、アニメ、漫画だったり、同人誌の感想だったりはこれからコツコツ語っていきたいと思っています。

初回なのでシンプルに私がアイマスでなぜはまったかをテーマに書いていきたいと思います。
ズバリ、です。
Songです。
アイマスに触れるまでは、色んな音楽を聴くもののどれも長続きしませんでした。
何か曲を聞いて3日くらいは「これめちゃくちゃいいじゃん!」と思っているのですが、すぐに飽きてしまっていました。
でもアニマスをきっかけにアイマスに興味を持って曲を聞いてみたところまあ飽きない。
はまった当初はひたすらSTART!!を聞いていました。
曲を聞いてこんな気持ちが高まるもんなのかと驚きでした。
なぜアイマスの曲に飽きないのかは説明ができないのですが、飽きないのです。
初めてアニメ絵ジャケットのCDを借りたのも、初めてCDを購入したのも、初めて曲を聞いて泣いたのもアイマスでした。
色々初めてを奪われたのでアイマスには責任をとっていただかないと。

初回なのでこの辺で。
明日はこのブログを始めようと思ったきっかけの同人誌の感想を書きます。
感情だだもれブログを目指す
ブログを始めます。
過去3回ぐらいやったことあるのですがどれも一週間以内で終わりました。
アイマスのせい(おかげ)で涙腺と心の弁がガバガバになり、感情吐き出し口として始めました。
最近は大学ラグビーでスクラム組んでるの見ただけで泣きました。
次の記事から感想を述べさせていただきます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。